不登校のためのおすすめ家庭教師ナビ

不登校のお子様を家庭教師でバックアップ

不登校の子供の家庭教師は「教える+接する」プロ

不登校の子どもの勉強の遅れを取り戻すために、家庭教師を雇うことはよくありますが、これには非常に注意が必要。
なぜなら、子どもが不登校になる主な原因は「人間関係」であり、家庭教師を雇うことによって、新たな人間関係を築くことで、さらに子どもの状況が悪化する可能性(精神衰弱や勉強嫌い)があるからです。

つまり、家庭教師選びは慎重に検討しなければいけません。
ただ、どの家庭教師派遣会社も「不登校児」の専門コースや専門の家庭教師などいません。今ある派遣会社の中から、自分の目で子どもに合った見極めなければならないのです。

そこで、当サイトでは、家庭教師選びで悩んでいる保護者の方々のために、以下の2点を重視して、不登校の子どもに適切と思われる家庭教師を紹介しています。

  • 家庭教師の質(コミュニケーション能力重視)
  • サポート体制の充実度(受験対策や進路相談)

「教える」だけでなく、「接する」プロでもあるという条件で選んでおります。
ぜひ参考にして頂ければと思います。

おすすめの家庭教師はこちら≫

私も中学生になる息子が不登校でした…

我が家には中学生の息子がいますが、半年ほど前から学校に行くのを嫌がるようになりました。
私自身、学生時代、友人関係に悩み、学校に行かない時期があったので、息子を無理に学校に行かせようとは考えていませんでした。

しかし、息子がまた学校に行きたいと思った時に、勉強をしていないと授業についていくのが大変ですし、それが原因で再び不登校に陥ってしまうかもしれません。
それに、将来の選択肢を広げるため、また、目標が見つかったときのためにも、勉強はしておいた方が絶対にいいはず…。

そこで、家庭教師をお願いしてみました。
(ちなみに利用したのは、「家庭教師のゴーイング」というところ。友人からの評判が良かったので。)
はじめは乗り気ではなかった息子ですが、いざ始めてみると、先生との相性も良かったのか、進んで勉強するように。
勉強以外の悩みでも先生とメールし合い、今では先生が来る時間を心待ちにしているほどです。

まだまだ、完全に不登校を克服したとはいえませんが、少しずつ前向きになっていることは確かです。
そこで、同じような悩みをもつ方のために、情報提供ができればと思い、このサイトを立ち上げました。少しでもお役に立てるよう祈っております。

 
「お勧めの家庭教師一覧」
ゴーイング
トライ
あすなろ
ノーバス
ガンバ

「不登校の子供マメ知識」

<勉強法>
・家庭教師:70%
・フリースクール:20%
・その他:10%
<不登校のシグナル>
・頭痛、腹痛
・燃え尽き症候群
・無口になる
<禁忌事項>
・安易な転居や転校
・登校するよう命令・嘆願
・口うるさく注意
・追及はしない
<親の対処法>
・話を一生懸命聞く
・おおらかに構える
・会話を無理強いしない
<なりやすい精神病>
・対人恐怖症
・潔癖症
・自律神経失調症
・うつ病
・アスペルガー症候群
・ADHD
 
不登校のためのおすすめ家庭教師ナビ