不登校のためのおすすめ家庭教師ナビ

不登校のお子様を家庭教師でバックアップ

HOME » 家庭教師を雇うにあたって » 家庭教師を選ぶメリット

家庭教師を選ぶメリット

自分のレベルやペースで勉強できる

家庭教師は塾とは違い、1対1で勉強を教えてもらうことができます。そのため、ひとりひとりのレベルやペースに合わせて勉強ができます。
大人数の塾の場合、講師は生徒ひとりひとりの理解度を完全に把握することは難しく、大多数の生徒が理解していると判断すれば、そのまま授業は進んでいきます。
そのため、少しでもわからないところができてしまうと、そこから先の問題も理解できなくなってしまいます。

しかし、マンツーマンの家庭教師なら、生徒がきちんと理解しているかを確認できます。わからない問題が出てきてもそれをそのままにせず、きちんと理解し、解けるようになってから進むので、着実に身についていきます。
また、生徒がどういう問題を得意とし、苦手としているか、解き方のクセや陥りがちな過ちなどを講師が理解できるという利点もあります。そういった生徒の個性を理解していくことで、講師も生徒に合った方法で指導していくことができます。

比較・競争が苦手な子ども向き

塾など、大人数で授業を行なう場合には、競争心が生まれるという特徴が挙げられます。人と競争することでやる気を出し、それが学力や成績の向上につながるという子どももいますが、人と比べられるのを嫌う子や、競争するのが苦手な子どももいます。
そういう子どもにとっては、大人数の中で比較・競争しながら学ぶよりも、1対1の家庭教師で、周りを気にせず自分のペースで勉強を進めたほうが力がつきます。
周りに気兼ねせずに質問もできるので、ひとつひとつの問題とじっくり向き合い、納得できる解答を得ることができます。 

長続きしやすく勉強の時間を確保できる

家庭教師は自宅で勉強できるので、移動の時間が短縮でき、移動の労力も減ります。
クラブ活動が忙しくなり、塾に行く気力・体力がなくなって通っていた塾を辞めるというケースも多いのですが、家庭教師の場合は、自宅で勉強できるので、クラブ活動などで忙しくても、長続きしやすく、勉強の時間を確保できるというメリットがあります。
また、学校の授業やクラブ活動が終わってからの塾だと、帰り時間も遅くなります。そのため、帰り道に事件や事故に巻き込まれる危険も回避でき、安心です。

 
「お勧めの家庭教師一覧」
ゴーイング
トライ
あすなろ
ノーバス
ガンバ

「不登校の子供マメ知識」

<勉強法>
・家庭教師:70%
・フリースクール:20%
・その他:10%
<不登校のシグナル>
・頭痛、腹痛
・燃え尽き症候群
・無口になる
<禁忌事項>
・安易な転居や転校
・登校するよう命令・嘆願
・口うるさく注意
・追及はしない
<親の対処法>
・話を一生懸命聞く
・おおらかに構える
・会話を無理強いしない
<なりやすい精神病>
・対人恐怖症
・潔癖症
・自律神経失調症
・うつ病
・アスペルガー症候群
・ADHD
 
不登校のためのおすすめ家庭教師ナビ