不登校のためのおすすめ家庭教師ナビ

不登校のお子様を家庭教師でバックアップ

HOME » 学校以外の選択肢 » 山村留学

山村留学

山村留学とは、おもに都市部の小中学生が、自然豊かな農山漁村に1年単位で移り住み、地元の小中学校に通いながら生活を送ることをいいます。
親元から離れ、豊かな自然に触れることでさまざまな体験をし、子どもたちの「生きる力」を育むことを目的としています。
山村留学は、生活スタイルによって4つに分類されます。

■山村留学センター方式
山村留学センターで専門指導員とともに、子どもたちが共同生活を送るスタイル。多彩なプログラムを体験することが可能。フリースクール的な運営方針のところもあるため、事前に確認して選ぶ必要がある。

■里親方式
地域住民に協力してもらい、地元農家に下宿するスタイル。その地域の生活文化が体験でき、交流しやすく溶け込みやすいというメリットがある。下宿農家への負担が大きく、地域住民の高齢化により、受け入れが中止されることもある。

■農家・センター併用方式
期間の半分をセンターで、残りの半分を農家で生活するスタイル。両方のいいところが取れ、さまざまな体験ができるが、費用が高くなる場合がある。

■山村留学住宅方式
地元が住宅を用意し、そこに家族で転居し、そこで生活するスタイル。親子ともども山村留学の趣旨を理解し、地元地域への協力も必要とされる。

山村留学でできる体験と注意事項

山村留学は全国各地で実施されています。地域にもよりますが、山村留学では次のような体験ができます。

  • 山菜採り
  • 米作り
  • 釣り、川遊び
  • 登山
  • 酪農体験
  • 稲刈り
  • 薪割り
  • スキー、スケート
  • 地域の伝統芸能

山村留学は1年間にわたるため、参加希望者には、事前の体験留学や見学が推奨されています。実際の生活環境や自然環境、地域の方々や指導員ときちんと話し合うことが重要です。
また、山村留学にかかる費用は、団体や地域、生活スタイルによって異なりますが、月に3万5千円から8万円くらいの範囲のようです。

 
「お勧めの家庭教師一覧」
ゴーイング
トライ
あすなろ
ノーバス
ガンバ

「不登校の子供マメ知識」

<勉強法>
・家庭教師:70%
・フリースクール:20%
・その他:10%
<不登校のシグナル>
・頭痛、腹痛
・燃え尽き症候群
・無口になる
<禁忌事項>
・安易な転居や転校
・登校するよう命令・嘆願
・口うるさく注意
・追及はしない
<親の対処法>
・話を一生懸命聞く
・おおらかに構える
・会話を無理強いしない
<なりやすい精神病>
・対人恐怖症
・潔癖症
・自律神経失調症
・うつ病
・アスペルガー症候群
・ADHD
 
不登校のためのおすすめ家庭教師ナビ