不登校のお子様を家庭教師でバックアップ

家庭教師の選び方

家庭教師の派遣会社は数多く存在します。中には、高額な費用をとりながら、対応が悪かったり、フォロー体制がないなどの業者もありますので、しっかり見極めることが大切です。
ここでは、家庭教師を選び方のポイントについて紹介します。

■料金体系は明確か
通常、家庭教師を業者に依頼する際にかかる費用は、入会金、月謝、教材費などですが、それらの費用がきちんと明記されているか、入会前にしっかりした説明がなされているか、トータルでいくらかかるのかをきちんと確認しておきましょう。また、ホームページや資料などに、「○○円」と明記してあっても、実際には、講師を変更するたびにお金をとられたり、講師のランクによって金額が変わったりするところもあるので、入会前に確認し、納得のできる説明を受けましょう。

■登録教師の数は多いか
家庭教師は1対1で授業を行ないますから、生徒と講師の相性が重要になってきます。どんなに学力や指導力のある講師でも、生徒との相性が合わなければ、生徒のやる気やモチベーションも上がらず、成績アップにもつながりません。登録講師の数が多ければ、それだけ、相性のいい講師にめぐり合える可能性も高くなります。

■講師の変更は可能か
最初に選任してもらった講師に満足できればいいのですが、相性の問題もありますから、別の講師に変更してもらいたいという場合もあると思います。その際、講師の変更ができるかどうか、その変更に費用がかかるか、変更は何回までできるのかということも、入会前に確認しておきましょう。

■サポート&フォロー体制はどうか
指導日以外に、テスト前など、わからない問題について教えてもらいたいときも、きちんと対応してくれるか、指導状況などを保護者にもきちんと伝えてくれるか、受験対策としてどのようなフォローがあるかなど、サポートやフォローの体制についてもチェックしましょう。

■会社の実績は十分にあるか
具体的な人数や大学名など、実績や実例がきちんと公開されている会社を選びましょう。また、口コミや体験談なども、その会社を見極める重要な要素になります。

この記事の関連のページ

【免責事項】このサイトは2010年11月時点の情報を元に作成しています。
最新の情報は各社の公式サイトもしくは直接お問い合わせいただけますようお願いします。
掲載されている公式サイト画像について、その当時の引用元を表記しておりますが、
現在は削除されている可能性もありますので、ご了承ください。
不登校のためのおすすめ家庭教師ナビ