不登校のお子様を家庭教師でバックアップ

山村留学

山村留学とは、おもに都市部の小中学生が、自然豊かな農山漁村に1年単位で移り住み、地元の小中学校に通いながら生活を送ることをいいます。
親元から離れ、豊かな自然に触れることでさまざまな体験をし、子どもたちの「生きる力」を育むことを目的としています。
山村留学は、生活スタイルによって4つに分類されます。

■山村留学センター方式
山村留学センターで専門指導員とともに、子どもたちが共同生活を送るスタイル。多彩なプログラムを体験することが可能。フリースクール的な運営方針のところもあるため、事前に確認して選ぶ必要がある。

■里親方式
地域住民に協力してもらい、地元農家に下宿するスタイル。その地域の生活文化が体験でき、交流しやすく溶け込みやすいというメリットがある。下宿農家への負担が大きく、地域住民の高齢化により、受け入れが中止されることもある。

■農家・センター併用方式
期間の半分をセンターで、残りの半分を農家で生活するスタイル。両方のいいところが取れ、さまざまな体験ができるが、費用が高くなる場合がある。

■山村留学住宅方式
地元が住宅を用意し、そこに家族で転居し、そこで生活するスタイル。親子ともども山村留学の趣旨を理解し、地元地域への協力も必要とされる。

山村留学でできる体験と注意事項

山村留学は全国各地で実施されています。地域にもよりますが、山村留学では次のような体験ができます。

  • 山菜採り
  • 米作り
  • 釣り、川遊び
  • 登山
  • 酪農体験
  • 稲刈り
  • 薪割り
  • スキー、スケート
  • 地域の伝統芸能

山村留学は1年間にわたるため、参加希望者には、事前の体験留学や見学が推奨されています。実際の生活環境や自然環境、地域の方々や指導員ときちんと話し合うことが重要です。
また、山村留学にかかる費用は、団体や地域、生活スタイルによって異なりますが、月に3万5千円から8万円くらいの範囲のようです。(2010年11月調査時点)

この記事の関連のページ

【免責事項】このサイトは2010年11月時点の情報を元に作成しています。
最新の情報は各社の公式サイトもしくは直接お問い合わせいただけますようお願いします。
掲載されている公式サイト画像について、その当時の引用元を表記しておりますが、
現在は削除されている可能性もありますので、ご了承ください。
不登校のためのおすすめ家庭教師ナビ