不登校のためのおすすめ家庭教師ナビ

不登校のお子様を家庭教師でバックアップ

不登校の子供の家庭教師は「教える+接する」プロ

不登校の子どもの勉強の遅れを取り戻すために、家庭教師を雇うことはよくありますが、これには非常に注意が必要。
なぜなら、子どもが不登校になる主な原因は「人間関係」であり、家庭教師を雇うことによって、新たな人間関係を築くことで、さらに子どもの状況が悪化する可能性(精神衰弱や勉強嫌い)があるからです。

つまり、家庭教師選びは慎重に検討しなければいけません。
ただ、どの家庭教師派遣会社も「不登校児」の専門コースや専門の家庭教師などいません。今ある派遣会社の中から、自分の目で子どもに合った見極めなければならないのです。

そこで、当サイトでは、家庭教師選びで悩んでいる保護者の方々のために、以下の2点を重視して、不登校の子どもに適切と思われる家庭教師を紹介しています。

  • 家庭教師の質(コミュニケーション能力重視)
  • サポート体制の充実度(受験対策や進路相談)

「教える」だけでなく、「接する」プロでもあるという条件で選んでおります。
ぜひ参考にして頂ければと思います。

おすすめの家庭教師はこちら≫

私も中学生になる息子が不登校でした…

我が家には中学生の息子がいますが、半年ほど前から学校に行くのを嫌がるようになりました。
私自身、学生時代、友人関係に悩み、学校に行かない時期があったので、息子を無理に学校に行かせようとは考えていませんでした。

しかし、息子がまた学校に行きたいと思った時に、勉強をしていないと授業についていくのが大変ですし、それが原因で再び不登校に陥ってしまうかもしれません。
それに、将来の選択肢を広げるため、また、目標が見つかったときのためにも、勉強はしておいた方が絶対にいいはず…。

そこで、家庭教師をお願いしてみました。
はじめは乗り気ではなかった息子ですが、いざ始めてみると、先生との相性も良かったのか、進んで勉強するように。
勉強以外の悩みでも先生とメールし合い、今では先生が来る時間を心待ちにしているほどです。

まだまだ、完全に不登校を克服したとはいえませんが、少しずつ前向きになっていることは確かです。
そこで、同じような悩みをもつ方のために、情報提供ができればと思い、このサイトを立ち上げました。少しでもお役に立てるよう祈っております。

家庭教師を雇う際のポイント

家庭教師を雇うにあたりぜひ知っておいてほしいのは、「後悔しないための家庭教師の選び方」です。そのほか塾ではなく家庭教師を選ぶメリット、家庭教師を頼む際の費用相場など、抑えておきたいポイントを紹介します。

家庭教師の選び方

家庭教師を派遣してくれる会社は世の中にたくさんあります。たくさんあり過ぎて選ぶのも大変ですが、なかには費用がやけに高額だったり、フォロー体制が整っていなかったりする業者もあるので、しっかり見極めなくてはいけません。

着目すべきポイントは「料金体系は明確か」「登録教師の数は多いか」「講師の変更は可能か」「サポート&フォロー体制はどうか」会社の実績は十分にあるか」です。また、不登校の子どもの指導に慣れていないケースも多いので、不登校向けのコースやサポート制度がある会社を選ぶと良いでしょう。

家庭教師の選び方>>

家庭教師を選ぶメリット

1対1で勉強を教えてもらえる家庭教師か、集団生活に慣れさせるために塾を選んだほうがいいのか、悩みお母さん・お父さんも多いでしょう。

どちらが良いかはお子さん本人の性格や個性、学習の進捗状況、そのほかさまざまな事情によって変わるため、「家庭教師のほうが良い」「塾のほうがい良い」と言い切ることはできません。そのため、家庭教師と塾それぞれの特徴とメリットを知って、どっちのほうがお子さんに合っているかを選ぶ必要があります。

塾のメリットには「集団生活に慣れる」「ほかの子と一緒に学ぶことで競争心が生まれ、モチベーションにつながることがある」などがあります。

一方で、人と比べられたり競争したりするのが苦手だったり、周りの声や行動が気になって集中できないお子さんには向きません。今の学年より勉強が遅れている場合、年下の子と一緒に授業を受けなくてはならない可能性もあります。

家庭教師なら、お子さんのレベルやペースに合わせて勉強を進められますし、周りに気兼ねせずに質問もできるので、ひとつひとつの問題とじっくり向き合い、納得できる解答を得ることができます。

家庭教師を選ぶメリット>>

家庭教師の費用相場

家庭教師を頼む際にとくに気になるのが費用ですよね。家庭教師は塾よりも高い…と思われがちですが、料金設定は派遣会社によるので、一概には言い切れません。

家庭教師の費用相場は、中学生向けの週1回90分のコースで、月謝1万円台後半~3万円くらい。週2回90分になると3万円~5万円くらいが相場です。

家庭教師の費用相場>>

不登校のお子さんの保護者の方へ

不登校のお子さんがいる保護者の方へ向けて、不登校になる代表的な原因やお子さんへの接し方について私の考えをまとめました。

不登校になる代表的な原因

不登校の原因はお子さん1人ひとり違います。複数の要因が重なっていることもありますし、必ずしも明確な原因があるとは限りません。なので、ここで紹介するものがすべてではないことをまずは知っておいてください。

代表的なものは「人間関係」「勉強面の不安や遅れ」「家庭環境」などがあります。とくに多いのは人間関係。いじめや友達とのすれちがい、先生との相性、またそもそも集団生活が苦手なお子さんもいるようです。

不登校になる代表的な原因>>

なにができる?不登校の対応法について

不登校になったお子さんへの対応法は1つではありません。不登校になった原因やお子さんの性格、今のお子さんの気持ちによってどんな対応をとったらいいかは変わってきます。なので、あくまで一例ですが、教師や学校側に原因がある場合は、保護者から相談したり、話し合いの場を設けたりしてもらうことが必要です。

なにができる?不登校の対応法について>>

不登校のお子さんへの接し方

お子さんの性格や不登校になった原因は1人ひとり違いますから、子どもへの接し方に正解はありません。ただ、どのように接したらいいか考えすぎたり、自分の接し方が間違っていないのか心配し過ぎたりする親御さんもいらっしゃいます。

私は、まず大切なのは「子どもの話を聞くこと」だと思っています。お子さんが悩みや不安を話してくれたときは、「こうすべき」という解決策を出したり、否定的な意見を伝えたりするではなく、お子さんが感じた気持ちを「そうだったんだね」と受け入れてあげてください。

もちろん、悩みや不安を話したがらないお子さんもいるでしょう。話したくないのか、話す勇気がまだないのか、どう話していいか分からないのか、お子さんによってさまざまです。状況にもよりますが、話したがらないなら、無理に聞き出す必要はないと思います。

お子さんの話を聞く、というのは些細な会話でも構いません。ちょっとしたお喋りでも、そうやってお子さんの話を聞いていくうちに「ちゃんと自分の話を聞いてくれる」「話しても大丈夫」ということにお子さん自身が気付いてくれるはずです。

子どもにどのように接したほうがいい?>>

起立性調節障害とは?

起立性調節障害とは自律神経疾患の1つで、OD(Orthostatic Dysregulation)とも呼ばれています。10~16歳くらいのお子さん、とくに小中学生に多いのが特徴で、不登校の要因になりやすい病気です。

起立性調節障害を引き起こす自律神経の機能低下は、体の発育にともなう自律神経の乱れ、運動不足、水分の摂取不足などが原因と考えられています。

また、精神的なストレスも起立性調節障害の原因の1つ。責任感が強い、普段しっかりしている、周りへの気遣いができる…そんな真面目な性格のお子さんは、ついついストレスをため込みやすく、起立性調節障害になりやすいと言われています。

起立性調節障害の原因と学習について>>

学校に通う以外の選択肢

学校に通えばさまざまな経験を得られる…それは、間違いありません。先生と話したり友だちと遊んだりするなかで、貴重な体験をすることもあるでしょう。ただ、学校だけがすべてではないと私は思います。

学校に通わなくても高卒認定試験に合格したら大学を受験できますし、将来の幅だって広がります。不登校の子どもを対象としたフリースクールもあります。こういった選択肢を親御さんが知っておくことは、お子さんにとってもプラスになるはずです。

高卒認定試験

高卒認定試験(高等学校卒業程度認定試験)は、さまざまな理由で高校を卒業できなかった子どもを対象にした試験です。これに合格すると、高校を卒業した人と同等の学力があると認めてもらえ、大学や専門学校の受験資格を得られます。また、就職の際にも有利に働くでしょう。

高卒認定試験について>>

フリースクール

フリースクールとは学校に行けない子どもたちをサポートしてくれる機関や施設のこと。学びたいという思いを持つお子さんに、勉強をする場所や安心できる居場所を提供しています。机に向かう勉強だけではなく、自然体験や農業体験、陶芸、絵画、天体観測や調理実習などを行なっているところもあるようです。

フリースクール>>

山村留学

山村留学とは、自然豊かな環境に移り住み、地元の学校へ通うこと。年単位で親元を離れることになりますが、都会では体験できない貴重な思い出をつくることができます。お子さんによってはこういった活動にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

山村留学について>>

オンライン家庭教師とは

コロナ禍の今、子どもを塾に通わせたり家庭教師を家に招いたりするのは不安なもの。そこでおすすめなのがオンライン家庭教師という選択肢です。オンラインなら自宅で勉強できるので、ガヤガヤとうるさい環境が苦手、人見知りしてしまう、周りの視線が気になる、外の環境に身を置くのが怖い…といったお子さんにも向いています。

オンラインコースを用意する会社は今増えつつありますが、選ぶ際は不登校の子どもを対象にしたコースを設けているところが良いでしょう。

おすすめのオンライン家庭教師とメリット・選び方>>

 
 
【免責事項】このサイトは2010年11月時点の情報を元に作成しています。
最新の情報は各社の公式サイトもしくは直接お問い合わせいただけますようお願いします。
不登校のためのおすすめ家庭教師ナビ